CalmCalc の ヘルプ サブインデックス
Click here to visit our sponsor




ここでは、CalmCalcの使い方についての説明をします。
基本的な使い方は普通の電卓と同じです。



CalmCalcのウインドウは「Panel」「Sign」「TenKey」の3にわけることができます。

□ TenKey テンキー
マウスによって数値と記号を入力することができます。また拡張ボタンによって”モード”、”メニュー”を扱うことができます。
(モード、メニューは以降を参照してください)

□ Panel パネル
ここは数値を表示する部分です。「上部パネル」と、「下部パネルに」分けることができます。
キーボードからエディタのように直接数値を入力することもできます。
(Panel(パネル)の操作については以降を参照してください)

□ Sign サインボタン
ここは数値の符号、算術記号が表示されます。(+−×÷=など)
Sign(サインボタン)をクリックすることによって直接 符号、算術記号を変更することができます。
   

簡単な計算方法
   
まず、「5×4=20」の計算について説明します。
CalmCalcでは、「上パネル」と「下パネル」にそれぞれ計算する数値を入力します。そのため、横書きを筆算(ひっさん)の感覚で入力するため、とても便利です。


実際に使って計算すると、



このように表示されます。

次に実際の入力方法について説明します。
まず、最初に「上パネル」に数値を入力するために、マウスで「上パネル」に「フォーカス」をあたえなければなりません。
(フォーカス:どこに入力するかウインドウに教えること。)
フォーカスが「上パネル」にある場合は、「上パネル」が明るくなります。
もし、フォーカスが「上パネル」に無い場合は、



このように、マウスで、「上パネルを」 クリックしてください。これでフォーカスをあたえる事ができます。
あとは「テンキー」で、



このように入力してください。結果が「+20」と表示されます。
(注意;新規に計算する場合、キーを押してください。押さない場合、計算結果を元に次の計算が連続的にできます。)



テンキーの使い方について

テンキーは、「>>」ボタンを押すことによってウインドウを拡張させることができます。




キーカーソルの移動について

「<」「BS」「>」ボタンは、キーカーソル移動、キーカーソル位置削除ができます。
(キーカーソル:数値を入力、削除する位置を指定することです)

まず、数値を入力し「BS」、「<」ボタンを押すと、



このように、一桁削除、キーカーソルの移動ができます。



また、マウスをクリックさせることにより、キーカーソルを指定することもできます。



モードについて

モードとは、あらゆる数値を認識させるテクノロジーのことをいいます。
普通の計算機の場合、答えが無限値など表現できない数値になった場合、エラーとして終わってしまいます。
しかし、モードを使うことで、無限値、不定値、エラー値、などの出力に対し数値として認識させることができます。また、無限値×無限値など、モード演算も可能です。


モードを使った計算について

まず、「テンキー」で、以下のように入力すると、





このような「??」不定値になります。
無限値÷無限値=不定値 のように表すことの出来ない数値計算もかんたんにできます。



モード変換について



上から順に、「無限値モード」「不定値モード」「実数値モード」と変換しています。
「実数値モード」以外のモードを選択した場合、それぞれのモードにに対応した記号が出力されます。出力される記号は、設定ウインドウで変更できます。
また、モードとなった場合、モードを「実数値モード」に戻すには  ボタンを押すこどで変更できます。
(注意:「BS」ボタンなど一文字削除などで、パネルに表示されている数値、記号を削除しても、 モードは変更できません。)

モードの種類は、以下の5種類があります。
無限値モード:
無限値を表しています。ゼロで割った場合などで使われます。
不定値モード:
不定値を表しています。
ゼロ値モード:
ゼロ値を表しています。数値のゼロと同じです。
エラーモード:
エラー値を表しています。
実数値モード:
実数値を表しています。モードを指定しない普通の計算で使われています。



イコールサインについて

計算の結果に表示されるイコールサインは、以下の3種類があります。

トゥルイコール: 
計算結果が完璧にあっているこをを表しています。
ニアイコール: 
計算結果は近似値であることを表しています。
サイクルイコール: 
計算結果は、循環小数であることを表しています。



フラグサインについて

計算に使う符号は以下の4種類があります。

プラス:
正の数字を表し、すべての数値に対して付けることができます。
マイナス:
負の数字を表し、すべての数値に対して付けることができます。
プラスマイナス:
正負の真ん中を表し、ゼロの場合対して使われます。
アンセット:
特に正負がわからない場合に対して使われます。

「プラスマイナス」「アンセット」は、主に結果出力に対して使われます。

サブインデックス

ご理解いただけたましたでしょうか?もしわからないことがございましたら、
サポートBBSsupport@idiagdia.comまでご連絡ください。