Atudion ヘルプ トップページ
Click here to visit our sponsor

Apache を使ったWEBサーバーのセットアップについて

これで動かなかったらごめんなさい。^^


最初に以下のURLから、Apacheをダウンロードします。。

http://nagoya.apache.org/dist/httpd/binaries/win32/apache_1.3.27-win32-x86-no_src.msi
(もし、リンク切れでしたらお知らせください)

注意:リンク先のApacheバージョンは2になっています。
画像は、古いバージョンのマニュアルになります。





高速にダウンロードしてください(笑)^^


次にApacheのインストールをします。



保存されたセットアップファイルを実行してください。


Apache2では、メールアドレス、サーバネームを入力する欄があります。


セットアップが完了したら、



スタートボタンから、 Apache Serverを実行してください。

Version2.X では、ApacheServer の実行方法は、
スタート>プログラム>
Apache HTTP Server 2.XXX>
Control Apache Server>
Start Apache in Console
になります。



このようなウインドウ(コマンドプロンプト)が出ます。

その他のメッセージが表示されている場合がありますが
"running..."が表示されていれば問題ありません。

Apache2では、
メッセージが何も表示されない事を確認しました。


次にブラウザを起動します。

アドレス(URL)に"http://localhost"と入力してください。
すると、以下のようなウインドウが出ます。



もし、以上のようなウインドウが出なかった場合、
OSの設定ミスなどの可能性があります。

以上のようなウインドウが出た場合は成功しましたので
必ず、"Apache"のウインドウ(コマンドプロンプト)の
閉じるボタン(×ボタン)を押して終了させてください。

注意
いったん、"Apache"を終了しなければ、
次にする設定ファイルが有効になりません。


Apache2では、日本語表記になっていることが確認されました。


次に、Apache設定ファイルをダウンロードします。

設定ファイル"httpd.conf"のダウンロード

この設定ファイルは、わかりやすくするために
低いセキュリティーレベルになっています。
WWWサーバとして公開する場合は、
Apacheの付録ドキュメントを参照し変更してください。




ダウンロードしたApache設定ファイル"httpd.conf"をフォルダ

"C:\Program Files\Apache Group\Apache\conf\"

に上書き移動します。

Apache2では、
"C:\Program Files\Apache Group\Apache2\conf\"
になります。


次にルートディレクトリ(ドキュメントルート)の作成をします。



"C:\"上に"www"というフォルダを作成してください。
そして、"www"フォルダ内に、"index.html"を作成してください。

(もちろん、HTMLのタグも"index.html"に記述してください^^)


もう一度、スタートボタンから Apache Serverを実行してください。



このようなウインドウ(コマンドプロンプト)が出ます。

その他のメッセージが表示されている場合がありますが
"running..."が表示されていれば問題ありません。


Apache2では、
メッセージが何も表示されない事を確認しました。


次にブラウザを起動します。

アドレス(URL)に"http://localhost"と入力してください。

成功したならば、"C:\www"フォルダ内にある、"index.html"が表示されます。



Apache 設定ファイル "httpd.conf" の内容は、少し知識がいりますが、
世界でも評価が高く、とても高速に動くWEBサバーです。

次は、Atudionの設定に入ります。